クリエーターワーク「和菓子づくり体験」参加者募集

世田谷で生まれ育った和菓子職人の大垣海さんを講師に迎え、和菓子づくりにチャレンジします。
【午後2時~4時/要申し込み/対象:中学生以上/定員10人/調理室/材料費200円】
お申し込みはこちらから

せたがや大人図鑑「コピーライターってどんな仕事?」参加者募集

世田谷在住のコピーライター、魚返洋平(ウガエリ ヨウヘイ)さんをゲストに迎え、仕事のこと、どんなきっかけでコピーライターを目指したのかなど、みんなの聞きたいことをお話いただく参加型トークイベントです。

【午後5時~6時30分/予約不要/多目的スペース】

ドラムチャレンジ満員御礼

6月16日に予定していますクリエーターワーク「ドラム・チャレンジ」ですが多数のご応募をいただき満員となりました。ありがとうございました。

6月9日の多目的ホールの利用について

6月9日の多目的ホールの利用についてですが、東京都高等学校演劇連盟山手城南地区の演劇ワークショップ「Fステージ」の会場となりますので、午後6時までは一般の利用はできません。ご了承ください。

クリエーターワーク「和太鼓×コミュニケーション」募集中

さまざまな分野のクリエーターをゲストに迎えて、ワークショップ体験をする『クリエーターワーク』。5月は和太鼓奏者の露木一博氏をゲストに迎え、「和太鼓×コミュニケーション」というタイトルでワークショップを実施します。現在、参加者募集中です。
和太鼓を叩くのが初めての人でも大丈夫です。
 
日 時 2019年5月19日(日) 午後2時30分~4時
場 所 多目的ホール
対 象 小学生5年生以上
定 員 30人
参加費 無料
主 催 希望丘青少年交流センター「アップス」
協 力 NPO法人こども劇場せたがや

フットサル大会のお申し込み

3月23日に実施するフットサル大会のお申し込みを3月1日から開始いたします。チームで参加する場合は、事前申し込みが必要となります。(個人参加の場合は当日のお申し込みで大丈夫です)
3月23日(土)午後3時30分~6時30分
地域体育館(アップス集合)

チーム参加、個人参加どちらも参加できる交流フットサル大会。3試合以上は対戦できます。小学生・女性も楽しめるように独自のルールで実施します。

 

「アップスフェス」出演バンド募集終了

3月23日に実施する「アップスフェス」の出演バンド募集についてですが、多数のご応募をいただき、1月31日をもちまして終了させていただきました。ありがとうございました。

2月1日「アップス」オープン!

世田谷区で3番目となる青少年交流センター、希望丘青少年交流センター『アップス』がいよいよ2月1日午前9時にオープンします。
みなさんのお越しをお待ちしています。

「アップスフェス」バンド出演者募集!

希望丘青少年交流センター『アップス』のオープンを記念して、若者みんなで創り上げる『アップスフェス』を行います。そこで、一緒に熱く盛り上げてくれる実行委員・出演バンドを募集します!


日時   2019年3月23日(土) 13:00~18:30
(バンド演奏は15:30~18:30を予定)
内容   オープニングセレモニー
   若者によるパフォ-マンス(バンド、ダンスなど)
   みんなで楽しむスポーツイベントなど
 
出演バンド
内容:多目的ホール(定員140名)のステージ(6.8m×3.6m)でのバンド演奏
対象:過半数が区内在住、在学、在勤の中高生世代以上の若者のグループ
日時:2019年3月23日15:30~18:30/1グループ20分以内(準備・片付け含む)
その他:2月以降に出演者会議を行う予定です。また、応募多数の場合、抽選により出演バンドを決定します。
 
実行委員
内容:『アップスフェス』全体の企画・運営
対象:区内在住、在学、在勤の中高生世代以上の若者
活動期間:2019年2月~イベント当日
 
締め切り:2019年1月31日

インターンを募集します

日常的な対話の中から生まれた、若者の「やりたいこと」を実現していくために、同世代の仲間としてそれを応援するインターンを募集します。
 
【対象】18歳以上の若者。子ども・若者支援に関心があり、週に1回程度、曜日を決めて定期的に活動できる方
【活動期間】2019年2月~9月
【活動時間】17~20時のコアタイムを含む4時間以上の活動
活動支援費】1日あたり4,500円(交通費込み)を支給
【募集人数】15人
【申し込み方法】
お申し込み・お問い合せは下記メールまでお願いします。
info■kibougaoka-yc.jp (■を@に替えてお送りください)

キャッチコピーが決まりました

9月25日に実施した合同運営準備委員会において、若者委員会から提案されたキャッチコピー「家にも学校にもないものを。」が了承されました。若者のサードプレイスとしての交流センターとしての機能を表現するとともに、何かこれまでにない人との出会いや、新たな自分自身の可能性の発見をして欲しいという願いが込められています。
 

愛称が決定しました

6 月 1 日から 7 月 15 日に公募をしていた(仮称)希望丘青少年交流センターの愛称が決定しました。
11 歳から 77 歳までと幅広い年齢の方から 121 点の作品の応募がありました。
青少年交流センターの企画・運営準備に携わっている委員で構成する選考委員会で検討をした結果、「言葉の響きが良い」 「若者が本来持っている躍動感を表現している」などの理由から、世田谷区在住の保岡 直樹さんの作品「アップス」が選ばれました。
「アップ」には、高揚・成長・躍進をイメージ。複数形にすることで『多世代がつながること。一人ひとりに、それぞれのアップがある』という願いが込められているそうです。
希望丘青少年交流センター「アップス」みなさんに覚えていただけるようPRをしていきたいと思います。

愛称の募集は終了いたしました

『(仮称)希望丘青少年交流センター』の愛称募集についてですが、平成30年7月15日を持ちまして終了させていただきました。世田谷区在住・在学・在勤の方からのべ121案の応募がありました。本当にありがとうございました。
なお、ご応募いただきました作品につきましては、世田谷区が設置した選考委員会にて厳正に審査し、優秀作品1点を決定いたします。発表につきましては8月中旬を予定しておりますが、採用者に通知するとともに、センターホームページ、広報誌にて公表させていただきます。

運営準備委員会(2期)を募集します

みんなの「やりたい」を実現するための施設『希望丘青少年交流センター』が、平成31年2月に旧希望丘中学校の跡地(世田谷区船橋6-25-1)にオープンします。みんなが自由に!思いっきり!好きなことをして過ごせるようなアットホームな空間を作りたい。そのために、一緒に開設準備に協力してくれる方を募集します。
活動内容
プレイベントやオープニングイベントの企画運営、広報活動などを行います。
応募対象
 区内在住・在学・在勤の大学生・高校生世代
募集人数
20人
活動期間
平成30年9月~平成31年1月(5か月間)
※第Ⅰ期からの継続も可能です。
活動場所
世田谷区内の会議室 (例:成城ホール、船橋まちづくりセンター)
活動頻度
月2回程度 (1回2時間程度 例:平日午後6時30分~8時30分)
報 酬
1回の活動につき500円の図書カードを支給します。
応募期日
8月15日(水) 期日以降も興味があればご連絡ください。
事前説明会
8月23日(水)18:30-20:00
成城ホール集会室(世田谷区成城6-2-1)
Ⅰ期の運営準備委員会の活動・今後の活動について説明します。
お問い合わせ・お申し込み
電話もしくはメールでお問い合わせください。
070-1737-0423
希望丘青少年交流センター準備室
担当:下村・木谷
 info■kibougaoka-yc.jp(■を@に変えてお送りください)

運営のあり方検討報告会を開催しました

 (仮称)希望丘青少年交流センターを若者が利用しやすいように、運営方法、運営体制を検討するため、平成29年1月に運営のあり方検討委員会を発足し、若者や地域住民とともに検討を重ねました。委員会で検討した結果を平成29年8月に報告しました。
運営のあり方検討委員会 報告書(概要版)
運営のあり方検討委員会 報告書
運営のあり方検討委員会 発表資料(吉永委員長)
運営のあり方検討委員会 発表資料(若者委員)

青少年建設構想委員会発表会を開催しました

 (仮称)希望丘青少年交流センターの設計に、若者の声を反映させるため、公募で集まった区内の若者による建設構想委員会を平成26年12月に発足し、開設後の利用しやすさを重視しながら設計の検討を重ねました。委員会で検討した結果を平成27年8月に発表しました。
発表資料のダウンロード(PDF形式:491KB) 
配付用レジュメ資料のダウンロード(PDF形式:63KB) 

BACKNUMBER
交流スペース



施設全景1